月別アーカイブ: 3月 2011

緊急勉強会

緊急勉強会を行なう。 関西経労研において、「災害時、最低これだけは、準備しておこう!」ということで 勉強会を行なった。 会の資金を義援金として送ることが決定! 実際に活動している ボランティアに送ることになった。 ボランティア団体をご紹介させていただいた。 まず、何をするか、ファーストアクションが重要! すれば、次のアクションにつながる。 1命を守ること 2 二次災害の防止 あらかじめ担当を複数名決めておくことが重要 地震直後、ほぼ全員が、携帯電話で安否確認を行なった。 企業では別の方法が 必要! 情報収集機能の維持に努めることがネクストアクションにつながり、人と設備の安全を保障する。事前の活動は、二時災害にならない防止活動であろう。 原発事故で、野菜農家が自殺する これは、まさに三次災害 原発が無ければ、 死ぬ必要の無い命です。 二次災害の恐ろしさ、 原発以外にも、劇薬が散乱しているようだから注意も必要! ネット上の最悪のシナリオとテレビでパニックを防ぐために報道している内容の どちらの情報も冷静に見て判断することが重要だ。

カテゴリー: 出来事 | コメントは受け付けていません。

研修の様子

カテゴリー: 出来事 | コメントは受け付けていません。

避難所として学校を利用する地元自治会の会合を実施

3/25地域の会長と自主防災会のリーダーにお集まりいただき、 今後の自治会の防災のあり方について 話し合った。 西宮市の防災ハザードマップの想定も変更になるのではないか? 指定避難所の学校との協議も一度も行なわれていないことも 明らかになった。 私を含む 地域の代表4名が避難所となる小学校との話し合いに臨むことになった。 ・備蓄はあるのか(子供の分?) ・避難住民受入のマニュアルはあるのか ・災害時の市との連絡体制はどうなっているのか 無線機があるのか? 住民は何も知らない 西宮市は、あの阪神大震災を経験しているが、 何も行なわれてこなかった。私の反省でもあります。 今後一歩ずつすすめていきたい。

カテゴリー: 出来事 | コメントは受け付けていません。

西宮市救援物資状況

今、西宮市の救援物資受付窓口の小学校で受付を行なっております。詳細は昨日のブログにあります↓ http://bcpjapan.jp/blog/?p=131 皆様の善意の物資が続々と届いております。 3月31日までの受付ですので土日がピークになるかと思います。自衛隊の人が被災地届けてくれる予定となっております。 私も、お尻ふきなどのウェットティッシュを持っていき、そのまま一日お手伝いをいたしました。 おむつや飲料水、毛布など色々な品をお持ちいただいております。とりあえず新品の物資を待っています。

カテゴリー: 出来事 | コメントは受け付けていません。

西宮市が 支援物資受付

西宮市民が集めた物資を自衛隊が運んでくれます。 明日は、受付業務を私も手伝いに行きます。 ■受付物資 保存食(缶詰、乾パン、クラッカー、カップめん等) 飲料水(500ミリリットル、または2リットルのペットボトル) 粉ミルク 哺乳瓶 離乳食 紙おむつ(幼児用、大人用で袋入りのもの) ウエットティッシュ 生理用品 毛布 ※未使用、未開封のものに限ります。 保存食、飲料水、粉ミルクは、箱単位(内容と数量を明記)での提供をお願いします。 上記以外の物資は受付できませんのでご了承ください。 ■物資受付場所 旧西宮市立高須東小学校 救援物資受付窓口 (住所:〒663-8141 高須町1丁目1-38) ※お車で来場できます。 ※宅配による受付も可能です。(着払いは不可) ■受付期間 平成23年3月22日(火)~平成23年3月31日(木) ※土曜・日曜も受付します。 ※宅配の場合は、平成23年3月30日(水)必着で上記救援物資受付場所にお送りください ■受付時間 午前10時~午後4時まで ■物資の受付に関するお問い合わせ窓口 日本災害救援ボランティアネットワーク 電話:0798-22-1770 http://www.nvnad.or.jp/ 西宮市社会福祉協議会 電話:0798-22-6390 http://www.n-shakyo.jp/ ※電話でのお問い合わせは、3月19日(土)から3月31日(木)まで受け付けています。 受付時間は、午前9時から午後5時まで。 (問い合わせ) 西宮市 市民局 市民総括室 TEL:0798-35-3169

カテゴリー: 出来事 | コメントは受け付けていません。

東北東日本大震災関連 お役立ちリンク

□NHKオンライン   ※ストリーミングで動画、ラジオ受信可能   http://www.nhk.or.jp/  □オンラインニュース   msn   http://feature.jp.msn.com/eastjapan_quake/index.htm  □twitter   NHK生活情報部   http://twitter.com/nhk_seikatsu ■——————————————  防災気象関連(津波、地震、噴火、海上、台風、洪水、土砂、竜巻)  □気象庁 防災気象情報   http://www.jma.go.jp/jma/menu/flash.html  □東京都防災マップ(帰宅支援道路、避難所他)   http://www2.wagamachi-guide.com/tokyo_bousai/ ■——————————————  放射線関連情報  □独立行政法人 放射線医学総合研究所   http://www.nirs.go.jp/index.shtml    ■——————————————  計画停電  □東北電力   http://www.tohoku-epco.co.jp/information/1182377_821.html   ※計画予定表およびグループ   https://sites.google.com/a/creco.net/teiden-calendar/tohoku     □東京電力   http://www.tepco.co.jp/index-j.html   ※計画予定表およびグループ    https://sites.google.com/a/creco.net/teiden-calendar/ ■——————————————  交通機関・ロジスティックス  □ナビタイム    http://www.navitime.co.jp.cache.yimg.jp/train/  □財団法人 日本道路交通情報センター   http://www.jartic.or.jp/index.html  □物流情報   エルニュース(LNEWS)   http://www.lnews.jp/ … 続きを読む

カテゴリー: 出来事 | コメントは受け付けていません。

【行けば役に立つ】

「今行くと迷惑なので、勝手に行ってはいけない」・「今が一番きついときなので今行かなければいけない」 このような気持ちが交錯したり、福島原発の恐怖がございますので、安全の確保ができていない状況です。 緊急時原子力関係のページ→http://kinkyu.nisa.go.jp/ 経験がなくても避難所に行けば、必ず役に立ちます。信じられないほどの仕事量が山積になっています。 私も不眠不休で活動しておりました。 【被災地に自分が行って手伝うこと】 【ボランティアの種類】  ボランティアの立場が大まかに3つに分かれます。  ①被災ボランティア=被災ボランティア被災者の中から立ち上がった地元出身のボランティア  ②近隣ボランティア=被災近隣地区から来たボランティア(隣町など)  ③外部ボランティア=まったく被災していない地区(西日本)から来たボランティアなど  支援内容による区分 ・食料・支援品などを持っていく (炊き出し)  ・現地に行って、避難所運営を手伝う ・現地の被災者の復旧活動を手伝う ・安否確認代行 ・運搬・移動の手伝い ・バイクによる避難所間や自治体間の伝令 ・子供たちのケア、介護、理容、歯科、マッサージ、演劇・コンサート・紙芝居などの特殊活動 ・企業として、重機や配電インフラ整備など ・保険・医療の専門家 に分けられます。 【ボランティア期間による自分の食料品の考え方】 ・短期  数時間~3泊程度 →自分の食事は持っていくこと パンやおにぎり、レトルトのおかゆなど ・中期  4泊~2週間 →2-3日分は持っていくが、後は、被災者の人と同じように食事を摂る事になる ・長期  2週間以上→2-3日分は持っていくが、後は、被災者の人と同じように食事を摂る事になる ・滞在  数ヶ月単位で行うボランティア 最前線にいくよりボランティア受け入れ側の働きを考える→ノートPCなどが役に立つ ・通勤  被災から復興した自宅から毎日避難所に通勤して運営を手伝う 昼は弁当を持ってきて夜は自宅に帰って食べる       (炊き出しなどは、あまったらもらう) ・個人で直接行くパターン ・団体に所属して団体が一時的に行くパターン(大学サークルなど) ・団体が特定の避難所に数ヶ月間定数を送り込むことを決めて、その避難所に順次送り込むパターン ・企業として、関連企業を支援するパターン など 最新のキャンプ用のキッチン用品で、避難所のみんなから見える位置で自分の分を調理して食べるなどは、 もってのほかです。(そんな人がいます) TV局にもこのタイプがいます。 色々なボランティアがいるが、長くいる人の方が、避難所のことなどを理解し役柄が増え、 指示する立場になることが多いので、先にいる人の指示に従う方がよいと思います。 避難所では仕事がない時間もあります、そんなときは、被災された方の自宅を片付けるお手伝いなどがあるかと思います。 不自由な方の代わりに安否確認をする人たちもいます。 … 続きを読む

カテゴリー: 出来事 | コメントは受け付けていません。

実際に山形で地震停電になった会社において気づいたことなどを羅列してみました。

地震の瞬間、山形県庄内地方のある工場で、BCPや情報伝達のミーティングの 真っ最中でした。 揺れは3分以上続きすぐに停電。 工場の若手の社員が、設備を安全停止した後、大声で、机の下に隠れることを指示 それにみなが従った、、また、別の部署では、外に避難 社員さん役100名は半数以上が外に避難、外は、前日からの大雪で積雪した状態。 外にいられるのも時間の問題で、いったん工場内の、2Fのない部分で筋交いがしっかりしている 部屋など、2箇所に落ち着いた。 余震におびえながら、ラジオに耳をすませた。 私のノートPCがドコモのモバイル通信が接続でき、インターネットにつながった。 そこで、震源地や、津波情報など、YAHOOのページから取得することが出来、 この地域の津波の心配は低いことが判った。 また、ウェザーNEWSで地震のマップを確認できた。 http://weathernews.jp/quake/ 更新が早く有効利用できたが、気象庁のホームページが今回の地震用の対応を行ったのは かなり時間がたってからだった。 その内、5km離れた工場から社長様がかけつけ、一同ほっとする。 地震直後に行ったこと。 ・揺れている最中、設備の安全停止 ・クレーンを降ろす ・リフトは、たまたま、使用中ではなかった ・リーダー、サブリーダーにより、各装置が、通電後に誤作動を起こさないように  チェックした。 ・電話機交換機にはバッテリーが搭載されているので、内線は使えた。 ・サーバー3台のうち2台は、UPSとの連動により自動停止機能により安全に停止  1台は、UPSの連動がなされておらず、動作したまま。 ・45分後にリーダー6名のみを残し、社員に帰宅命令を出す。(全員が自家用車通勤) ・設備の停止後、圧力が低下しない塗装関係の設備があり、低下するまで担当者が待った。 ・17時過ぎに電気が戻る ・通電後、すべての装置、構内が、想定外の動作が起こっていないかの確認を各部の  リーダーへ指示 ・同時に、社屋の弱点を調査(社長)一級建築士と共に見回り 今回は、約45分後に津波が来ていますが、(津波の心配がないこと、雪と信号が停電で あることなどを考えると、明るいうちに社員を帰すこと重要)社員を帰さず、社内の一番高いところ に避難することも考慮しなければならない。 UPS(無停電電源装置)が有効利用できるころが判った。 以下にUPSと接続することが有効だと感じたものをリストアップします。       UPS接続 構内放送のアンプ   光通信の受信機 … 続きを読む

カテゴリー: 出来事 | コメントは受け付けていません。

山形庄内で

この東北地震でお亡くなりになられた方の ご冥福をお祈りいたします。 昨夜は、愉海亭みやじま様に宿泊しましたが、 ここは、電気も水も正常に通じておりました。 携帯電話は、電話もメールも通じませんが、 普通の電話は、通じているようです。 ホテル側は、早め早めで、ご飯を炊いたり、 ご出発のお客様へ”おにぎり”を用意したりと 迅速な対応をされています。 すばらしいリーダーシップです。

カテゴリー: 出来事 | コメントは受け付けていません。

地震発生時 山形庄内地方

BCP(自然災害からの事業継続計画)のセミナーを昨日開催し、今日は情報管理についてのミーティングを行っている最中に 地震が起き、 すぐに停電、電話、携帯通じず、パソコン用のモバイル端末はつながりました。 災害伝言ダイヤル171は3時間たっても使えない。 書いている今もゆれています。 社員様は、リーダー以外は帰宅させる判断を社長さんが45分以内にされました。 外に出ると雪なので、中で待機しました。

カテゴリー: 出来事 | コメントは受け付けていません。