月別アーカイブ: 5月 2011

非電化フォーラムin東京 脱原発を見据えた電気との新しい付き合い方

非電化フォーラムin東京 -脱原発を見据えた電気との新しい付き合い方-  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ◆日時   6月10日(金) ◆受付開始 17:40   開場 18:00 ◆開始   18:10~20:30 ◆場所   財団法人日本教育会館第2会議室 ◆参加費  3,000円(当日受付にて)領収書を用意いたします。 ◆持ち物  名刺 (受付で必要になります) ◆懇親会  参加されますか? 実費負担となります ◆会場   財団法人日本教育会館 http://www.jec.or.jp/koutuu/index.html ◆地図   東京都千代田区一ツ橋2‐6‐2 第二会議室 http://www.jec.or.jp/koutuu/index.html ◆申込ホームページ http://www.bcpjapan.jp/cgi-bin/event.cgi?number=22 ◆御案内ドキュメント http://www.tamatebako.com/yama/hidenka_forum_20110610.doc 誠に厚かましいお願いですが、人数に空きがございますので、 facebook、mixi、Twitter、blogなどで広めていただけますか? 非電化フォーラムin東京 -脱原発を見据えた電気との新しい付き合い方-  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ◆日時   6月10日(金) ◆受付開始 17:40   開場 18:00 ◆開始   18:10~20:30 ◆場所   財団法人日本教育会館第2会議室 ◆参加費  3,000円(当日受付にて)領収書を用意いたします。 ◆持ち物  名刺 (受付で必要になります) ◆懇親会  参加されますか? 実費負担となります ◆会場   財団法人日本教育会館      http://www.jec.or.jp/koutuu/index.html ◆地図   東京都千代田区一ツ橋2‐6‐2 第二会議室      http://www.jec.or.jp/koutuu/index.html ◆申込ホームページ      http://www.bcpjapan.jp/cgi-bin/event.cgi?number=22 ◆御案内ドキュメント      http://www.tamatebako.com/yama/hidenka_forum_20110610.doc 誠に厚かましいお願いですが、人数に空きがございますので、facebook、mixi、Twitter、blogなどで広めていただけますか?

カテゴリー: 出来事 | コメントは受け付けていません。

早くも通常営業に切り替えた老舗旅館 愉海亭みやじま様

私の関与先の一つで 山形県の湯の浜温泉 愉海亭みやじま様は、震災前より3S活動(整理整頓清掃活動)に取り組み県の大規模避難訓練なども積極的に宿を提供するなど、災害に強い関心を持っておられた。 津波を想定して、夏の海水浴シーズンならば、想定数は住民の数より増えることになり、町の備蓄では到底足りなくなることも予想していたくらいだ。 今回の3.11大地震のときも、直後より即座に館内の食料を上層階に上げ、アルコール燃料でお客様をはじめ地域の方にも支援できる準備も整えた。 幸い大きな被害は無く、出発されるお客様には、旅の途中の食料としておにぎりを無料で配布するなど心のこもったサービスを行なった。お客様は思わぬサービスに感動されていた御様子。 下の写真は、小学生も修学旅行で利用してくれるようになり、宿への感謝の気持ちを述べているショットであります。 宿の宿泊メニューも復興受入れメニューから、通常業務に切り替え、新たなメニューも追加し、 社員一丸となって精力的にホテル業を営んでおられます。 みやじま→http://www.yukaitei-miyajima.com/

カテゴリー: 出来事 | コメントは受け付けていません。

企業連携型BCPの一歩

大阪府の歯車加工の企業での3時間簡易診断指摘風景 通路のブロック塀が崩れかけている。 約100枚くらいの指摘写真を撮っていいただきました。 思った以上に指摘箇所があり改善に熱意が出るとのことでした。 この企業の社長様から、業界でのBCP作成を考えているので、 サポートしてほしいとのお願いがありました。企業同士の互助の考え方が私の方針 とも合っているので積極的に応援することを約束せて頂きました。 静岡と新潟と大阪の3社で災害時対応を考えていく予定です。 このような、地域をまたがった共同勉強会の取り組みは、いざと言う時に力強い仲間として 本当に助かります。

カテゴリー: 出来事 | コメントは受け付けていません。

経済誌「近代中小企業」5/1号に掲載されました

私たちは、被災地に行って支援活動をしたい! でも、現実の問題としては、即行動とはなかなかいかない。何をしていいかわからない。行ったら迷惑になるかも。自分は専門家ではないから無理だ。 どこに行けばいいかわからない。そこで、阪神淡路大震災の時、神戸生田中学の避難所で、避難所代表、ボランティア代表として400名以上のボランティアを受け入れ3ヶ月間支援、中越地震では小千谷市を支援、現在、防災士として地域へ、コンサルタントとして企業へ災害対策などの指導を行なっている。そんな経験から支援の形をまとめてみた。 ●一度、被災地へ行くと、再び行きたくなる 一度目は、「被災地に行く!」から、二度目は、「○○さん達に会いに行く」となるので、一度目の現地入り支援を「勇気の支援」とすると、二度目の現地入り支援は、「心の支援」とでもいえるだろう。実際に、阪神淡路大震災の時も何度も何度も同じ人が来てくれた。 ●カウンターパート(対応相手) 兵庫、徳島、鳥取が宮城、京都、滋賀が福島、大阪、和歌山が岩手と担当県が決まり、大阪と和歌山は岩手県庁に「関西広域連合岩手県現地事務所」を設置、職員を常駐させた。 静岡は岩手県 鳥取は宮城県石巻市。(4/1時点) これにより、一般市民も迷うことなく支援をすることができる。 神戸の震災の時 実際に小中学校同士でビデオレターのやり取りが行なわれ、心の復興に大いに役立った。 さらに、責任感を持って長期的に支援できる。 ●自動車を送ろう 地方は車が無ければ何も出来ない。 車の買い替えを考えている方へ、下取りしてもらうのではなく、被災地に支援品として送るのはどうだろう? もちろん、名義変更などの法的に必要な処理を必要とする。 ●船を送ろう 使っていない漁船を漁業組合単位で被災地の漁業組合に支援してはどうだろう? ヨットやクルーザーを期間限定でレンタルするのも手である。実際には、魚群探知機やGPS仕掛けなど様々なツールが必要ではあるだろうが、船乗りが陸に上がるほどむなしいものは無い。私の父も中学を卒業してから60歳までの間、ずっと船に乗っていた。海人は海人、船に乗れば、立ち上がる勇気も沸いてくるのではないだろうか。 ●企業から被災企業へ 同業種の被災者従業員を雇い入れる。住居は市町村などが用意し、仕事を受け入れ企業が用意する。 また、業界だけの特殊な設備やツールがあるが、それらをドンと支援するのが一番喜ばれるだろう。インフラ整備と業務再開が一番の復興である。企業は何としても、事業を継続させなければならない。「人を雇用し給料を払う」これが一番なのである。 タイプ①:家族ごと雇用と住居を受入 タイプ②:住居、ツールとノウハウを3ヶ月間研修し、地元に戻り起業。販売仕入れも継続的に援助する。 タイプ③:在宅勤務としてITなどの業務を割り振る。 いずれも社会保険などの福利厚生を提供する。 これらを一手に引き受けるNPOヒューマンタイズが地元仙台に立ち上がったので、応援したいです。 ●野菜ジュースを送ろう 被災者は、トイレの不自由、寒さ、ストレスなどから「極度の便秘」になり、多くの人が病院に運び込まれた。それを改善する一つに 野菜ジュースがある。また、放射能などの影響で葉物野菜が手に入らない。西日本から送ってあげる必要がある。

カテゴリー: 出来事 | コメントは受け付けていません。

大阪のインターナショナルスクールとミーティング

大阪のインターナショナルスクールと 宮城県への現地入りボランティアツアーについて ミーティングを行った。 みんな支援したいが、外国国籍の方は原発についてかなり シビアな見方をしており、80Km圏内を避難区域とする風潮がある。 現地入りが決まれば5/29から3泊4日安全に引率する予定だ

カテゴリー: 出来事 | コメントは受け付けていません。

次工程はお客様 カルモ鋳工様

4/29,30と2日間 初日は環境改善と研修会を、2日目は幹部の皆様と会議及び現場確認を 行いました。初日は宮城県の被災状況などを見て頂き、今関西のカルモ鋳工に何が出来るか鋳物工場としての経済活性化に対して何を行なうか考察しました。 二日目の幹部会議では、品質・納期・コスト・利益・給料の関係を徹底的に明らかにし、 次工程をお客様と認識し、部署間のコミュニケーション能力を上げることをひとつの共通認識とした。全体朝礼→幹部朝礼→各部への落とし込み、中長期計画を踏まえ、利益の見える化を行なうことを社長が決めるのではなくみんなから意見が出て決まった。 この字は、現場で私が書きました。工場内に掲示される予定です。

カテゴリー: 出来事 | コメントは受け付けていません。