月別アーカイブ: 3月 2013

東日本大震災犠牲者のご冥福をお祈りいたします。

激震と大津波、放射能汚染が東北を襲った東日本大震災は、今日で発生から2年となります。 死者   1万5881人、 行方不明者 2668人 震災関連死 2303人 合計犠牲者 2万852人 現在 約31万5000人が仮設住宅などで避難生活 福島第1原発事故の避難者は帰郷のめどが立たない。   東北3県の死者は、各県警の10日現在のまとめで 宮城9535人、 岩手4673人、 福島1606人。   不明者は 宮城1302人、 岩手1151人、 福島211人。   復興庁によると、避難生活による体調悪化や自殺などで亡くなった震災関連死は 福島で1121人、 宮城で812人、 岩手323人。   避難者の滞在先は全国47都道府県に及び、被災3県から県外へ避難している 被災者は6万6000人を超える。 暮らしの礎を築く集団移転は被災3県23市町村で計画されるが、住宅再建は今秋以降となる。 3県で約2万4000戸が整備予定の災害公営住宅も完成はまだ100戸に満たない。   犠牲者の冥福を心からお祈ります。   山口 数値は「河北新報」より抜粋

カテゴリー: 出来事 | コメントは受け付けていません。

大阪建築物防災講演会 防災建築センター主催 後援:大阪府 大阪市 枚方市・・・・・・・

昨日は、250名参加のセミナーの講師として参加させていただきました。 富士通総研の伊東先生が東京から来られ、先に80分お話頂きました。 BCPとは、企業として存続するために急がなければならないことを決めておき 訓練しておくこと。 3.11以前にBCPを作成してそれが機能したかどうかのアンケートをされたようですが、 BCPが有るかないかと事業継続性には因果関係はなく、3か月以内に訓練していたかどうかは確実に因果関係があった とても興味深いお話でした。 さすがBCPの第一人者です。   その後、私の講演でしたが 帰る人もほとんどなく、寝る人もだれもなく集中していただきました。 誠にありがとうございました。      

カテゴリー: 出来事 | コメントは受け付けていません。

東京新木場の木材会館で建築資材商社・メーカー様での防災講演

株式会社紅中様の新春大会において 基調講演として、BCP と 防災 企業力をつける あなたは、社員を守れますか? 意識の高い 素晴らしい講演会となりました。 主催者の意識の高さ、日本の建設業を支える資材メーカーの強さを感じました。   この時は、大手建材メーカー様が参加されており、東北の木材が手に入らなかった真実など も話に上がり、海外も含めて連携することの大切さがわかりました。 また、被災地で仮設住宅を建造された企業様もおられ、困難さを極めたとのことでした。   貴重な機会を頂き紅中 中村会長様 中村社長様 心より感謝申し上げます。  

カテゴリー: 出来事 | コメントは受け付けていません。