電線を作る工場で災害対応力の診断とBCP説明会

この会社は、大阪鴻池新田に本社工場があり、滋賀県の日野に工場があり、中国にも工場がある会社です。

もし大規模災害が起こった時は、災害復旧で電気を通すことが重要になってきます。通すのは電力会社ですが、

供給する会社がここにあったのです。銅を伸ばして 細い線にしてより合わせて強くする。

高温で熱したり 溶かした鈴を同船に付着させたり、いくつもの工程をへて、電線の元になります。

その後、絶縁体が巻かれ電線になっていくのですが、この会社では、来年の4月めどにBCPを作成することを

決め、昨日と先月の2回に分けて工場職員全員に危機管理セミナーを開き、BCP構築に向けて出発しました。

災害時にこの会社だけで、電線を作れるわけではなく、銅を精製する会社や販売、施行する会社が一丸となって復旧していきます。

私は、このような社会インフラを守る会社のBCPコンサルティングができますこと心より誇りに思います。

どんな会社だって、人様のお役に立って成り立っていることです。だから、水害や噴火 津波 地震 火事に負けないで

頑張っているのだと思います。 社員全員で共有できる自社専用の災害用マニュアルがBCPです。

最後にあなたも、千年に一度といわれる大災害が起こった 2011年 にBCP(事業継続計画)の策定に着手してください。

きっと、「やってて良かった」と言えます。 「やって大損した」ということはありえないのです。

備えあれば憂いなし  備えを超えた災害がきても 受け入れる心準備が出来るのです。

合掌

yamaguchi の紹介

企業防災のプロ。 整理整頓、清掃、危機管理=3SK の指導プロ 三人の子供の父親
カテゴリー: 出来事   パーマリンク

コメントは受け付けていません。