商工会議所のBCP講演会に 市の危機管理室の課長様が出席

12/3に商工会議所でBCP策定講座の講師をさせて頂きました。

その講座に某市の危機管理室の課長様が出席され、翌日には、市職員向けのBCP啓発セミナーが出来ないかとのご相談がありました。

まずは、「災害とはどんなものなのか」を認識すること。他の地区で起こっていることは、「よそ事」で「実感がないもの」です。

まず、自分の身に起こったかのように実感して頂くのが一番です。

市民を守るため、市の職員の防災力を上げることのお手伝いができること

この上ない幸せですので、快諾させていただきました。

 

日本は、いくつもの大陸プレートが重なり合い、ひしめき合っています。世界でも有数の天災国です。

いつ、どこで、何が起こってもおかしくありません。

山梨県のトンネル崩落事故も、管理の中日本道路公団を責めるのではなく、徹底的な地質調査が必要です。

たぶんトンネル上部の水脈に3.11の影響で変化が起こり、予想以上の水分でボルトの錆がきつくなったのかもしれません。

いざという時の為に、「備えよ常に」

 

yamaguchi の紹介

企業防災のプロ。 整理整頓、清掃、危機管理=3SK の指導プロ 三人の子供の父親
カテゴリー: 出来事   パーマリンク

コメントは受け付けていません。